QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年10月03日

今週の作り置きメニュー♪

9月30日の休日に、かぼちゃプリンを作ってみました(*^O^*)♪






食事の一品でだせるように、甘さは かなり控え目にしました♪(*^^*)


かぼちゃは、栄養価が高そうだし、大好き野菜なのでみかけると よく買います~☆ \(#⌒0⌒#)/★




どんな栄養があるんだろ~?!φ(..)


β カロテン

実が黄色いかぼちゃは、体内でビタミンAに代わるβ カロテンを豊富に含む。かぼちゃを食べると風邪をひかないといわれるのは、粘膜や皮膚の抵抗力を高めるビタミンA の働きによるもの。近年では生活習慣病やがん予防にも効果があると言われており、注目の栄養素だ。西洋かぼちゃは、日本かぼちゃの5倍以上ものβ カロテンが含まれている。



食物繊維

特に皮の部分に多く含まれている食物繊維。消化酵素では消化されずに腸まで届き、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があるようだ。便秘を防止するデトックス効果、また、消化に時間がかかるので満腹感が持続しダイエットにも効果があるといわれている。


ビタミン類

豊富な各種ビタミンのうち、特に日本人の食事には不足しがちで、疲労回復に役立つといわれるビタミンB1や口内炎を予防するといわれるビタミンB2、コラーゲンの生成に欠かせないとされるビタミンC、血行を促進する働きのあるビタミンEなど、大切なビタミンがバランスよく含まれている。いずれも、西洋かぼちゃのほうが含有量が多い。


リグナン

ポリフェノールの一種でかぼちゃの種に含まれているリグナンは、大豆のイソフラボンなどと同様に、薄毛の原因となる物質の生成を阻害する働きがあり、育毛に効果的で健康な髪を保つ働きをするといわれている。
かぼちゃの種には、他にもタンパク質やカルシウム、ビタミンB群、鉄分まで含む。ワタは食物繊維のかたまりで、カロテン、ビタミンKも多く含まれている。

かぼちゃは程よい甘さで大人にも子どもにも喜ばれ、病気になりにくいといわれる栄養素も豊富に含まれている。




・・・だ そうです!(๑^ ^๑)



そして10月1日の夕食.。.:*☆







かぼちゃの皮入り チヂミ
鶏のわさび醤油あえ
モロヘイヤと玉子のスープ でした.。.:*☆

チヂミのタレに、クラブペーストとハリッサを入れてみました♪





和洋中 なんでも合う 調味料です!( 〃▽〃)v




食後にかぼちゃプリンを ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"☆








  

Posted by ぽっち at 06:00Comments(0)